借金を自己破産で債務整理したら連帯保証人はどうなる?

 

借金が現実的に返済できそうになく、もう自己破産しか道がないと感じたら、自己破産をするケースもありますが、その場合、自己破産をすると連帯保証人への影響が実は甚大になります。

 

連帯保証人を用意して借金をしているケースもあると思いますが、自己破産をすると、借金をしている本人には返済義務がなくなります。
ただ、連帯保証人はどうなるのか?返済義務がなくなるのか?というと、それでは連帯保証人の意味がないですよね。

 

連帯保証人は、本人が何らかの事情で借金が返せない場合の身代わりになってくれる人のことですから、本人が返せなくなって、連帯保証人も返す必要がなくなるとなれば、何のための連帯保証人なのか?分かりません。

 

より確実に返済を確保するための制度なので、連帯保証人にこの場合借金の返済が迫られることになるのです。
したがって、借金をしている本人が自己破産をすると、実は貸している人だけじゃなくて、本来全く関係なかった第3者も巻き込むことになります。

 

ただ、本来はそういうリスクを想定して連帯保証人になるべきなので、連帯保証人になってしまった人は文句言えないとは思いますけど。
しかし、自己破産をするときには、ときにはそういうケースもあるというのは知っておきましょう。

 

債務整理は借金減額シミュレーターで弁護士に相談

 

過払い金は取り戻したいが、借りている消費者金融などに返してほしいというのが怖いという方もいるかもしれません。
消費者金融にしてみれば、過払い金を返すというのは、本来受け取るべきじゃないお金を返すだけなので、当たり前のことなのですが、利益を落とすことになるので少なくとも良い気分ではないでしょうから、誠実に対応してくれるか?分かりません。

 

だから、怖いというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?ただ、過払い金の返還請求は、自分1人でやる必要はありません。
弁護士などにお願いをして、そこから取り戻せば良いのです。
そうすれば、自分は消費者金融と直接接触しないで良いですから。

 

弁護士が直接やり取りをしてくれて、解決に導いてくれるので、自分はそれをただ見ているだけでOKになります。
詳しい人に全て任せて高みの見物の気分でOKということです。

 

そもそも過払い金についてほとんど何も知らない人が1人でやっても軽くあしらわれてしまうこともあると思うので、それ自体が無謀なのかもしれません。
そうなると、やはり最初から弁護士などにお願いして、彼らに代行して貰うのが過払い金返還においては1番早いですし、1番確実と言えるのではないでしょうか?

 

債務整理する直前の元彼女に借金を踏み倒された

 

一昨年からつきあっていた彼女がネットショップをはじめたのは、昨年夏のことです。
アロマによるヒーリングだとかアロマキャンドルのショップだ、というそのウェブサイトはピンぼけ写真だらけの稚拙な作りで、彼女は注文が入らないとぼやきながらも品物の扱いを増やし続けていました。

 

これはおかしい、と気づいたのは開店から4ヶ月、年が変わってもなんの売り上げもないと告白されたときです。
聞けばその時点で彼女が買い進めた品物はほとんどクレジットとキャッシングで買ったもので、在庫と借金が300万円ほどあってもう返せない、と泣きながら告白されました。
ほとんどがリボ払いに切り替えてあるため、毎月の返済は10万円程度で済んでいるというのです。

 

頑張って借金を返しながら仕事を軌道にのせたい、という彼女に、私も個人事業主ですのでお金を貸してみることにしました。
とりあえず20万円貸して一ヶ月分の返済資金と運転資金にしてみるよう伝え、売り上げがでるように助言をしながら様子を見続けたところ、毎月数万円ずつ品物が売れるようにはなったのです。

 

かえって気をよくした彼女から、もう20万円貸してほしいと言われて貸してしまった私が悪かったのです。
もう1ヶ月のあいだに、売り上げはあっても借金が減らせないことに業を煮やした両親が彼女を自己破産させることに決め、もう商売を辞める、というメールが彼女から送りつけられてきました。

 

私の債務整理体験談と借金減額診断シミュレーター

 

私は、50代の会社員で、4人家族の主婦す。
以前多額の借金に苦しみ、債務整理を行った時の体験談をまとめます。
最初は、生活費が足りなくて、有名な消費者金融にお金を借りたことから始まりました。

 

自分は、会社に勤務していますし、これくらいの借金なら、計画的に返せるだろうと甘く考えていたことが間違いでした。
返済をしながら借金を繰り返している内に、とうとう100万円近いくまであっと言う間に借入額は、膨れ上がってしまいました。
金利が15%も有ったので、返済のスピードよりも借金の方が多くなってしまったのです。

 

多分このままズルズル生活していても、絶対に自力で完済できないだろうと思って、主人に相談後、すぐに債務整理に強い弁護士の先生を紹介してもらって、相談しました。
債務整理にはいくつかの方法があり、説明を受けましたが、私に場合、任意整理で乗り切る事が出来そうでしたので、その方法でお願いする事にしました。

 

これは、自己破産などと違って、家族や職場には影響のないやり方だそうですが、自分のその後の生活がどのように変化するのかとても不安でした。

 

借金の返済方法や、保証人への対応など、自分一人では全く分からない状態でしたので、弁護士の先生にお願いして、本当に助かりました。
債務整理をした時の1番大きなデメリットは、ブラックリストに乗ってしまうため、これから先5年位は自分名義のカードローンが組めなくなってしまう事です。

 

けれども、債務整理をすることのメリットの方がたくさんありましたので、この方法を選びました。
メリットは、弁護士に依頼したらすぐに催促が止まり、将来払わなければいけない利息がカットされます。

 

また、債務整理をしたことを第三者に知られずに済みます。
いろいろ大変でしたが、弁護士に相談して本当に助かりました。

 

参考:債務整理

 

債務整理や借金減額シュミレーターの注意点

借金の返済に困っていてどうにかしたいと思っている方もいるかと思います。
そういった時には債務整理を検討するという選択肢があります。

 

一方で債務整理は誰でも出来るというわけではなくてそれぞれの状況によって異なるものですし、債務整理してもあまり借金が減らないケースもあります。

 

そういった点に不安を感じている場合は弁護士に相談する前に借金減額シュミレーターを利用するのがオススメですが、借金減額シュミレーターを利用する場合には注意するべき点もあります。

 

借金減額シュミレーターは無料で相談することができて匿名で住所も不要なものが多いので気軽に利用することが可能で、借金の減額方法や債務整理が可能かどうかを知ることができます。

 

ただ利用する借金減額シュミレーターによっては登録した電話番号などに弁護士事務所等から連絡が来て診断結果が伝えられる場合もあるので、いきなり弁護士事務所から電話が来てビックリしたということが無いように注意してください。

 

また場合によっては何度も弁護士事務所等から電話が来る可能性もあるので、特に債務整理を検討していない状況で軽い気持ちで利用すると困ってしまうかもしれません。

 

また債務整理に関しても注意するべき点があって債務整理と言っても任意整理や自己破産・個人再生などいくつか種類がありますが、いずれにせよ債務整理をすると信用情報に事故情報が登録されるなどの影響があります。

 

当然ローンを組んだりクレジットカードを作る時にも多大な影響があるので、債務整理後の生活にいくつかの制約が発生します。

 

そういった注意点についてもきちんと知っておかないと債務整理後に困ることになるので、借金減額シュミレーターの利用や債務整理を検討している場合にはその点を意識するようにしてください。

 

債務整理で相談するなら弁護士と司法書士どっち?

 

借金に困り果ててしまってもう債務整理をするしかないけど、弁護士がいいのか司法書士がいいのかどっちに頼めばいいかわからないという方が多いのではないでしょうか。
一番無難なのは弁護士に頼むことです。

 

弁護士に頼めばどんな債務整理でも対応してもらうことができますし、代理人として一緒に戦ってくれたり、書類作成までしてもらったりすることができます。
債務整理の仕方がわからなくて専門家に任せたいと思うのであれば弁護士を利用するといいでしょう。

 

では司法書士の場合はどうなるのでしょうか、司法書士と弁護士の大きな違いは代理人になれないというところです。
代理人になれないので、法廷に立ったり、債権者との交渉を行ったりすることができないことになっているのです。

 

では司法書士の意味とは何なのかというと、債務整理をするためのアドバイスや、借金問題を解決するにはどうしたらいいのかなどの知識を教えてもらうことができます。
代理人を立てず自分一人で債務整理の申立ての手続きを行いたいという人は司法書士を選ぶといいでしょう。

 

最近では司法書士であっても債務者と交渉ができるようになってきているようですが、法定の最後まで親身になって相談して欲しい場合は弁護士を選択した方がいいでしょう。
自分にあった方法で弁護士にするのか司法書士にするのか慎重に選ぶといいでしょう。
ただし消費者金融とグルになっている事務所なども過去にあるそうなので、しっかりと実績と評価のある事務所を選ぶようにしてください。

 

債務整理した友人の連帯保証人になった体験談

 

私は25歳の会社員です。
仕事は引越し業者で、事務員をしています。
私は20歳の頃ギャンブルにはまり、消費者金融からお金を借り、200万円の借入がありました。
最初はコツコツとお金を返していましたが、遊びたいという気持ちが強く、だんだん借金返済を滞納するようになりました。

 

すると借入残高がみるみると山のように膨らむばかりで、自分の手には、どうにもできなくなりました。
なんとか両親と、友人に援助をお願いし、借金は返し終わりましたが、自分がやったこととはいえ、返済がこんなに大変だとはおもいませんでした。
先日私の借金返済のときに、私の代わりに50万円払ってくれた友人が、車を買うため、100万円の借り入れをすると言い始めました。

 

そして私にその連帯保証人になって欲しいと相談を受けました。
私はもうこりごりだったため、この相談を断りましたが、友人はあのときに、50万も払ったのだから連帯保証人になってくれと頼み込み、私も借りがあるので、結局保証人になることになりました。
その後、相談してきた友人は、自己破産で債務整理、私には100万円の借金がまた残りました。

 

このお金を返済したら、もう借金地獄には陥らないと決めています。
今はお給料の中から、月に3万円ほど返済しています。
保証人の相談には注意が必要です。

 

連帯保証人の友人に取り立てられた体験談

 

ビジネスホテル暮らしが癖になっていた時期があり、そのときは毎月20万円のお金が必要でした。
幸いにも高給取りでしたから、金欠状態になるなどとは夢にも思いませんでした。

 

しかし、業務中に私の過失で同僚を帰らぬ人にしてしまい、懲戒解雇を言い渡されたのです。
入社したときから借りていた家賃2万円のアパートで生活することを余儀なくされましたが、やはりビジネスホテル暮らしが恋しくなります。

 

そこで、祖母の手術費用として50万円が必要になったと嘘をついて知人から借金しました。
それと同時に、連帯保証人として友人と貸主が別個で契約を交わすことになります。
解雇された苦しみから定職に就くことができず、ついに返済日が訪れました。

 

借金を返済できるはずもなく、連帯保証人の友人が50万円を支払いました。
これで一見落着かと思いきや、2週間後には友人が求償権を行使したのです。
結果として裁判所から借金50万円の支払い命令が言い渡されました。

 

どうせ現金がないのだから支払えないと思っていました。
ところが、一週間後には弁護士を連れた連帯保証人の友人が訪問してきて、大切にしている絵画を借金のカタに差し押さえられました。

 

それを売却すると65万円になり、弁護士費用を負担させられたので私は無一文に等しい状態になったのです。
あまりにも突然のことで死にたくなりましたが、今は親戚の家にお世話になり住み込みで働いています。

更新履歴